white.png

プロフィール

サミアド

Author:サミアド
ハンター名:RAVEN
ジジイハンターをこよなく愛する社畜なハンター


当ブログの軌跡が分かる?
ジャンル別記事リンク

サミアドの作品の好みがわかる?
サミアドの嗜好へジャンプ!

記事とコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん作ってみたPart12

2010/04/11(日) 05:12:38

どうも、院生生活がなかなか大変サミアドです。
講義も受けなきゃいけないし、
新しく研究室に配属された4年の面倒も見ないといけない。
教授の手伝いのために別の校舎に移動したりもします。

これはバイトをする余裕が本格的になくなってきました。
うん、ってかバイトを続けて院生生活は俺には無理だわ。
たぶんこのまま続けたらぶっ倒れると思います。
そんなわけで近々バイトを終りにします。
1年以上働いた場所だからちょっと名残惜しいけど、これも仕方あるまい。
どの道半年後には就職活動で辞めることになっただろうし。
いよいよ私のやる気スイッチ(院生用)を押す時がきたようだ。
では本題へ…。



そんなわけで、いつの間にかマカライトサミアドとの最終決戦の幕は切って落とされたのであった!!

サミアド「さて、管理人も院生生活で忙しいようだし、今回で決着をつけましょう。」

いつの間にかサミアドのマカライトが対峙しているが、
そこは気にしないで読み進んでもらいたい。

マカライト「望むところじゃ!
こちらも君の最期にふさわしいモンスターを用意した!」


サミアド「俺にふさわしい…だと!?」

マカライト「そう、今こそ君の心の奥底に眠る悪夢を呼び覚ませてあげよう!
いでよ!最期のビックリドッツメカ!!」












デデン!!
P1000717.png

デデデン!!
P1000718.png

完成!!フルフル!!
P1000719.png

サミアド「ここにきてフルフルだと!?」

マカライト「フハハハハ!これで君もお終いだよサミアド君!」

サミアド「まさか最期にフルフルが出てくるとはね。」

マカライト「さすがの君もフルフルを前にしては正気ではいられまい。
なんたって君にとってフルフルは…。」


サミアド「………。」











チュドドドーーーン!!
892280_99172753.jpg

マカライト「な、なんじゃと!?」

サミアド「博士…あなたは何もわかっちゃいないよ。」

マカライト「わかっていない?何をじゃ!?」

サミアド「確かに俺にとってフルフルは特別な存在さ。
だけどね、俺の命を脅かすようなモンスターじゃないんだ。
2nd時代に金冠サイズを仕留められていなかったらそりゃトラウマとして今も残っているだろうさ。
だけど現実は違う…俺は金冠サイズを出したんだよ。」


マカライト「しかしそれでも嫌な思い出であることには変わりなかろう!?
好きでもないモンスターを狩り続けた君の心には消しようのない傷があるはずだ!」


サミアド「確かに金冠を出した時、フルフルの狩猟数は689体だった。
他のどのモンスターよりも飛びぬけて多かったさ。」


マカライト「そうじゃ、故に君はフルフル大好き変態ハンターとしての烙印を押された!」

サミアド「そう、確かにフルフルの狩猟数はずば抜けた数になってしまったよ。
だけど今は違うんだ。」


マカライト「………!?」

サミアド「今となっては俺の狩猟数No1モンスターはディアブロスなのだから!!」

マカライト「ショック・ザ・マカライト!!」

サミアド「研究室にばかり篭っていたせいで俺の狩猟数に気が回らなかったようだね。」

マカライト「くっ………。」











マカライト「負けたよサミアド君…。」

サミアド「最初から勝ち負けなんてないんですよ博士…。」

グゴゴゴゴ…。

マカライト「いかん、もしも負けちゃった時に仕掛けておいた爆弾は起動してしまったようじゃ!
サミアド君!早く逃げるんじゃ!!」


サミアド「だけど博士は!?」

都合によりマカライト大怪我を負っていて動けないということにしておこう。

マカライト「行け!行くんじゃサミアド君!!」

サミアド「博士ーーー!!」

爆発の衝撃で地面が割れ、マカライトの姿が研究所地下に吸い込まれていく。

マカライト「そうじゃ!最期にサミアド君に言わねばならない事が!!」

サミアド「なんですか!?」

マカライト「ドッツ製作費として君から受け取っていたお金…、
実はドッツ製作には使っておらんのじゃよ!」


サミアド「ということは…俺のお金はどこかに!?」

マカライト「………。」

サミアド「博士?」











マカライト「すまん、キャバクラで使ってしまったのじゃ!!」

それだけ叫んでマカライトは研究所深くに落ちていった。

サミアド「マカライトーーーッ!!!」

サミアドの叫び(色んな意味で)が研究所の床に開いた大穴に吸い込まれていく。

こうしてサミアドとマカライトとの戦いは急ぎ足で終結した。

サミアド「結局あの人は何がしたかったんだろう。」

みんなが思っていることをサミアドが代弁する。

サミアド「まぁどうでもいいか!」

そしてサミアドは再び歩を進めた。
なにせこれから院生生活で忙しくなるのだ。
記事が適当なほどサミアドが忙しい…そう思ってくれると助かる。

クリックするとサミアドやる気スイッチが暴走!

関連記事
スポンサーサイト
ドッツ日記CM:7
<< こんなん作ってみたPart13ホーム全記事一覧こんなん作ってみたPart11 >>

コメント

Re:なつさん
フルフルと私の間には少なからず因縁がありますからねぇ。
やはり作っておかないといけないかなぁと。

ちなみにディアブロスの狩猟数は1050体と少しですね。
最近は大学の忙しさも本格的になってきたからなかなか集中して狩りができないぜ。
しかしMHP3発売によるエネルギーを狩りへと向けてやるぜぃ!


Re:バザさん
学年が上がるごとに忙しさが増すのは摂理ですねぇ。
私も院生になってから新しく配属された学部生に装置の扱いを教えたり、
より専門的な科目の講義を受けたりで結構大変だったりします。
しかし自分ひとりが大変なわけじゃありませんからね。
ここは頑張るしかあるまい!


Re:ギブスさん
2nd時代のフルフル金冠は都市伝説レベルでしたからねぇ。
あれに比べれば古龍の大宝玉なんてボロボロ手に入れた印象さえありますね。
2nd時代のあの経験のおかげでかなりの忍耐力と根気を養えたような気さえするさ( ´∀`)
3rdでもこの根気が発揮できるといいなぁ。


Re:翡翠さん
3rdモンスターでドッツを作るかはまだわかりませんねぇ。
P2Gのアイコンはパネル2×2で作るのが丁度いいんだけど、
アイコンがあまり細かくなってしまうと難しくなってしまいますからね。
トライ並のアイコンになってしまうとドッツ製作は難しいでしょうなぁ。
トライのモンスターが3rdに登場するのを考えるとアイコンも細かいだろうし…。
しかし好きなモンスターのアイコンは作りないなぁ…とは思っています。


Re:FUKUさん
そういえば素材集めのためにその後も狩りまくったんだっけなぁ。
900体に到達した時は一生狩猟数No1モンスターはフルフルと諦めた(?)時もあったっけ。
しかしディアへの愛で覆してやったぜ!

ちなみにPSP-3000でテレビ出力は可能ですが、全画面に描写されないためあまり期待できないかもしれませんね。
やはり妖精さん効果は偉大なんですわ、うん。


Re:MIYAさん
やはり1年以上勤めた場所から離れるのはなんとなく感慨深いものがありますね。
しかし院生生活をこなすためにはこれも英断ですね。
とりあえずこれで時間も取れるし院生生活頑張っていけそうです。
俺のやる気よ!今こそ!!


Re:
サミアド |2010/04/18(日) 08:56 [ 編集 ] kcN02UG2

ま、まさか最後にフルフルが来るとは、689体……お見事です!
長い間続けていたバイトを辞めるのは結構考える物がありますよね。やはり環境の変化は大きいでしょうし、何はともあれ体を壊したりしないように気を付けて下さいね(´ω`)

サミアドさんのやる気スイッチを、ポチッ!
MIYA |2010/04/16(金) 07:32 [ 編集 ] -

そういえばフルフル金冠つけおわったあとも100体以上も狩ったんですね。ドッツもフルフルで終わりなんてサミアドさん…。というのはおいといてPSP-3000持ってるならテレビ出力使えば妖精さんつかわなくても大丈夫じゃないでしょうか?素人考えなので検討違いかもしれませんので間違ってたらすみませんm(_ _)m
FUKU |2010/04/12(月) 22:53 [ 編集 ] BI/Ho3ok

いやぁ~最後に○○野郎(爆)が来るとは思いませんでしたよ(笑)
689体って...どれだけ○○野郎を狩っているんですか(笑)
サミアドさんは、3rd出たら新モンスタードッツで作る予定はありますか?個人的には期待してるのですが...
まぁ何はともあれ非常に大変そうですが院生生活頑張って下さい\(*⌒0⌒)b
P.S.この前の返信コメント当っていますよw
翡翠 |2010/04/12(月) 18:52 [ 編集 ] -

おおおお!!!
最後はフルフルでしたか、
それにしても、689体も狩ったなんて
信じられませんよ
サミアドさんだからこその記録ですね。

それでは、サミアドさんのやる気スイッチを
ぽちっ!
ギブス |2010/04/12(月) 17:28 [ 編集 ] -

お久しぶりです、学年があがったら一気に忙しくなってしまって顔を出せませんでした・・・

最後のドッツの製作はフルフルですか~
フルフルは用のあるときにしか狩らないので、狩猟数は低いですねw
それにしてもドッツはこれで最後ですか~
少し寂しいような気もしますが、ご自分の財布の事もありますからねw

さてサミアドさんも院生になって忙しくなって時間も無くなってしまったよう見たいですね
お体に気をつけてください
バザ |2010/04/11(日) 22:28 [ 編集 ] gP3eG2dQ

ご無沙汰しております、場違いな時間にあなたのなつです。←じゃ帰れ

なんとなく予感はしてたんですけど、それでもまさかのフルフルにビックリでした!
そういえばサミアドさんの現在のディアの狩猟数はどうなってるのやら・・・?
見たいような見たくないような・・・確かサミアドさんのディア・モノブロスの狩猟数と、僕のナルガ・ティガの狩猟数の合計で勝負をしていたような・・・

しかもMHP3が出るまでに・・・という条件で・・・
あと半年ちょいで差をどこまで詰めれるか見物だなこりゃあ!←諦めんなよ

なにはともあれ、今までより更に忙しくなられたようで、体調に気を付けて頑張って下さいね。
なつ |2010/04/11(日) 07:31 [ 編集 ] su7LfdQk
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

更新履歴



総記事数:

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数

ブログランキング

ランキングに登録しているので
指の体操ついでによかったらどうぞ

FC2Blog Ranking

レア素材累計場

MHX
雌火竜の紅玉:12個
火竜の紅玉:15個
雷狼竜の碧玉:1個
海竜の蒼玉:5個
覇竜の宝玉:1個
崩竜の宝玉:2個
砕竜の宝玉:6個
恐暴竜の宝玉:5個
鋼龍の宝玉:4個
炎龍の宝玉:2個
霞竜の宝玉:3個
金獅子の闘魂:2個
天廻龍の光玉:5個
黒蝕竜の闇玉:3個
斬竜の炎玉:6個
電竜の雷玉:3個
巨獣の氷玉:5個
泡狐竜の水玉:1個
瑠璃色の龍玉:1個
天空の龍玉:3個
骸龍の残魄玉:6個

MH4G
雌火竜の紅玉:34
雌火竜の天鱗:6個
火竜の紅玉:45

火竜の天鱗:6個
雷狼竜の碧玉:12

雷狼竜の天玉:4個
獄狼竜の昏玉:19個
獄狼竜の天玉:3個
轟竜の天鱗:10個
覇竜の宝玉:12個
覇導玉:3個

崩竜の宝玉:4個
崩天玉:2個

千刃竜の鏡玉:8個
鎧竜の天殼:2個
黒鎧竜の天殼:3個
砕竜の宝玉:8個
砕竜の天鱗:2個
不滅の炉心殼:0個

大地の龍玉:6

大地の龍玉:2
恐暴竜の宝玉:27
恐暴竜の:12個
鋼龍の宝玉:35

炎龍の宝玉:56
霞竜の宝玉:7個
古龍の大宝玉:6個

金獅子の闘魂:18個
ラージャンハート:1個
脈動する爆心:2個
驚異の大爆心:1個

天廻龍の光玉:13個
天廻龍の天鱗:1個

天剣の龍玉:4個
天剣の龍神玉:0個

黒蝕竜の闇玉:16個
黒蝕竜の天鱗:4個
背反する双逆鱗:2個

戦火の龍神玉:1個

MH3G
雌火竜の紅玉:3個
雌火竜の天鱗:5個

火竜の紅玉:9個
火竜の天鱗:5個

迅竜の天鱗:6個
雷狼竜の碧玉:6個
雷狼竜の天玉:3個

獄狼竜の天玉:1個
爆鎚竜の紅玉:6個
爆鎚竜の天殻:1個
瑠璃色の龍玉:0個
海竜の蒼玉:3個
海竜の蒼天鱗:6個

砕竜の宝玉:4個
砕竜の天殻:1個

恐暴竜の宝玉:2個
深淵の龍玉:8個
深淵の皇龍玉:8個

大地の龍玉:14個
大地の龍神玉:11個

光炎の大龍玉:1個

MHP3
雌火竜の紅玉:24個
火竜の紅玉:26個
雷狼竜の碧玉:22個
爆鎚竜の紅玉:25個
恐暴竜の宝玉:19個
覇竜の宝玉:13個
崩竜の宝玉:11個
大地の龍玉:22個
天空の龍玉:13個
瑠璃色の龍玉:13個

MH3
雌火竜の紅玉:8個
火竜の紅玉:10個
海竜の蒼玉:12個
爆鎚竜の紅玉:5個
恐暴竜の宝玉:11個
深淵の龍玉:8個
大地の龍玉:19個
瑠璃色の龍玉:15個

MHP2G
雌火竜の紅玉:107個
雌火竜の天鱗:33個

火竜の紅玉:117個
火竜の天鱗:34個

轟竜の天鱗:39個
迅竜の天鱗:28個
鎧竜の天殻:13個
黒鎧竜の天殻:25個
鋼龍の宝玉:80個
霞龍の宝玉:72個
炎龍の宝玉:210個
老山龍の紅玉:77個
老山龍の天鱗:28個

砦蟹の天殻:15個
崩天玉:86個
古龍の大宝玉:107個

Myプレイ動画

リンク集(相互リンク済)

Copyright(C) 2006 上手に焼けました? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.